気温があがり、手足を露出する機会が増えてくると、ムダ毛をケアする回数が多くなってきます。これらのムダ毛処理に加え、顔や背中などの産毛処理をするよう心がけてみましょう。手足や両わきのムダ毛に比べ、産毛は目立ちにくいですが、しっかりとケアすることで美容効果を得ることができるからです。

 

顔の産毛をケアすればファンデーションのノリが良くなるので、化粧崩れしにくくすることが期待できます。あまり目立たない顔のムダ毛ですが、全体にうっすらと生えています。これをすべて処理することでファンデーションを肌に密着させることができるので、化粧を長く持たせることができます。夕方になるとメイクが崩れてしまうという人は、顔の産毛をケアしてみましょう。細かいムダ毛を処理すれば、肌の明るさや透明感アップにも繋がります。産毛1本1本の色は薄いですが、それが多く集まれば肌全体を暗く見せてしまいます。ですので、産毛処理することで肌本来の明るさと透明感を簡単に取り戻すことが可能になります。

 

顔はもちろん、背中などの産毛を処理すれば、化粧水や保湿クリームの浸透率がアップします。産毛のある状態でスキンケアを行うと、美容成分が肌に浸透する前にムダ毛の付着してしまいます。ですが、産毛処理することでダイレクトに美容成分を肌に届けることができるので、通常よりも美容効果を高められるのがメリットです。産毛処理は美容効果が高いですが、注意して処理をする必要があります。

 

特に顔をケアする場合は、1週間から2週間に1度の頻度で行うのが目安になります。頻繁にケアを行うと肌を痛める可能性があり、赤みや黒ずみに繋がります。
さらに、肌に必要な角質まで取り除いてしまうことになるので気を付けましょう。産毛処理を行うタイミングは、入浴後がおすすめです。入浴後は肌が柔らかくなっているため、ムダ毛処理のダメージを緩和することが期待できるからです。